王立アトス大学錬金経済学部

提供: maho ONLINE Wiki
移動先: 案内検索

王立アトス大学錬金経済学部は、王立アトス大学に設置される学部の一つである。 錬金経済学部と錬金経済学研究科は一体となって運営されているため、この記事で合わせて解説する。

沿革[編集]

アトス大学錬金経済学部は、王国時代になって新設された新学部である。金の精錬を通じて経済を好転させることを目的とした、アトス大学内でも有数の実学性を特徴とする。
元来アトス大学における錬金術学の歴史は古く、旧帝国時代における大学創立期から設置されている老舗の学部であった。しかし近年における錬金経済学の隆盛を受け、金の精製に対する思想で内部対立が起こり、現代錬金学部と錬金経済学部に分裂するに至った。古くからの錬金術の伝統を受け継ぎ、盲目的に賢者の石の探求に専心する現代錬金学部に対し、金の精製技術を積極的に社会に還元しようという思想で設置された新学部が錬金経済学部である。そのため錬金経済学部は永きに渡る伝統と新しい潮流の双方を高度に継承する点に特色があり、例として年齢800歳の魔導師を講師に据えつつ、最新のスマート魔術書を導入するなどユニークな教育体制で知られている。

組織[編集]

錬金経済学部[編集]

  • 近代錬金術コース
  • 錬金経営学コース
  • 魔法金融学コース

1つの学科を卒業後、他学科に学士入学し、1年から2年で卒業することができる。また、条件を満たせば他大学の学士卒業者も編入、1年から2年で卒業することができる。

錬金経済学研究科[編集]

  • 近代錬金術専攻
  • 錬金マネジメント専攻

修士課程と博士課程が設置されている。

錬金経済学研究科附属[編集]

  • 錬金経済学研究所(錬経研)
  • 錬金マネジメント教育センター(AMRC)

教育[編集]

学部としての訓辞は「アジェンダを 錬金術で マネタイズ」。現学長ゼニウルゴス・ケティマイオスの言葉である。

ラディカルな校風で知られるアトス大学の中でも頭抜けて進歩的であり、安全性の確認されていない新技術すらも積極的に導入していくことで知られている。どんな学問より早く最新の研究を学べる一方で、安定した学生生活とは無縁であり、学生・講師ともに極めて流動的。前期の授業と後期の授業で正解が180度転換することも日常茶飯事であり、学生の留年率・退学率・失踪率は非常に高い。古くからの錬金術の伝統に則り「錬金実験で死んだら本望」という風潮があり、自由闊達な学部として他学科から恐れられている。

問題点[編集]

毎年大量の学生が行方不明となり、その件について大半が錬金術の生贄にされたとの噂があるが、全くの事実無根である[要出典]。一方、あまりに高い退学・失踪率のため、常に学生が不足している点は事実である。

また、格式高い錬金術の伝統に対し、今だ科学や数学といった古めかしい信仰を振りかざすドワーフ族からは「かけ算くらいは、勉強した方がいいんじゃないかなあ」等と批判されることがあるが、全くの迷信である[要出典]。

参考記事[編集]

【心の闇診断】貴方の心は何色ですか? 心の闇でわかる、魔法属性と職業適性 http://maho.online/?p=1665

「猫の命、9個ではなかった」実態調査により判明 http://maho.online/?p=2058

「ふえるおかねちゃん」実用化に目処 錬経研、増殖する黄金の開発に成功 http://maho.online/?p=2487